数の範囲 整数の基礎の基礎から鍛え上げます

0
    このブログ、最近放置しすぎているので、きちんと稼働させます。
    ということで、今日つくった動画を紹介していきます。

    数の範囲に強くなろうということで、
    整数の個数から概数まで中学受験に必要な知識をてんこ盛りにしました。

    もちろん、入試問題にはまだまだ遠く及ばないのですが、
    基本となる知識はこれで手に入れることができます。
    頑張りましょう。



    マスラボでは新規会員受付中。
    http://furuyaman.com/

    マスラボFacebookページ
    https://www.facebook.com/mathlab2015



     

    西大和学園中学 2016年 算数 所感

    0
      算数を解きました。

      生徒が受験したので、解説してほしいということだったので、
      せっかくなので全問解説(というか解いただけですが)作りました。

      所感

      大問1
      計算 ここは基本なので絶対に落とせません。(3)めんどくさいけどこういうの解ける努力をやはり入試までにしておきましょう。
      濃度 てんびんで攻略しましょう。
      年齢算 丁寧に条件整理しましょう。
      整数論 2進数の応用です。
      速さ 速さといえばふるやまんはダイヤグラムでしか解けません。
      推論 表でまとめて考えましょう。

      大問2
      西大和といえば平面図形です。ここで2問はとっておきたいところです。

      平面図形
      (1)角度 多角形の内角は大丈夫ですか。それをつかっていくだけでとくことできます。
      (2)中心の軌跡 長方形ならやったことはあるでしょうが、平行四辺形だとどうでしょう。図を丁寧にかくことができれば、3:4:5の三角形をうまく使えるのではないでしょうか。
      (3)へんてこな三角形は等積変形で求めやすくしてしまいましょう。融合問題としていい問題です。
      (4)直角二等辺三角形といえば正三角形!という感覚をもちましょう。そのあとに相似を使う。うーん。絶妙。

      立体図形
      (1)基本問題 これは落とせません。
      (2)応用問題 もう何年前でしょうか。四天王寺中学の入試問題でみた記憶があります(記憶違いかも)。
      (3)応用問題 基本を利用して解く問題です。いちばん奥の立体をたし忘れたりひきすぎたりしないことです。
      (4)応用問題 一見難しそうですが、実は簡単。計算はめんどくさいけどこういうのとれると合格引き寄せられるよね。

      場合の数
       大学入試を意識したような問題ですね。
       でも、例年の西大和らしさ?はなく、実にオーソドックスな問題でした。
       中学に入ってからの数学を意識していますね。

      西大和の過去問を研究し、
      中学受験の勉強をしっかりととりくんでいれば解ける問題が多かったです。
      努力がそのまま結果につながったのではないでしょうか。

      こちらからは以上です。


      恐れ多くも解いてみる 1997年 甲陽学院中 理科

      0
        甲陽学院中の理科は難しい。
        これは人の好き嫌いがあるかもしれないけど、
        ぼくは灘の理科よりも甲陽の理科の方が楽しい。

        甲陽 1997年 89/100

        大問1 生物 16/22

        記述が難しい。さし木ですよね。ありましたね(遠い目)。
        対照実験は、落とせませんね。

        大問2 地学 6/8

        ここも基本的な問題が続きます。
        ここで点数を落としているとあとがきつい(くっ!!)

        大問3 化学 12/12

        グラフの読み取り。
        甲陽の中では簡単な方じゃないか?
         
        大問4 物理 ばね 15/15

        合否をわけるとしたらここでしょ。多分。 
        きちんと理解していればここは15点ゲットだぜ。

        大問5 化学 濃度 21/21

        1問目からきっついですわ。ここ乗り越えたら大量得点フィーバー。
        できなくても、4、5、6をとって最小限のダメージで乗り越えられるといいね。。。

        大問6 物理 光 スリット 9/12

        八面鏡を使った光の速度を測定する実験。
        一度やったことがない人が理解するのは難しいんじゃないの?
        でも難関中にはあるある問題でした。


        恐れ多くも解いてみる 1997年 灘中理科

        0
          灘中の理科を解いていくことにした。
          算数はそれこそ昭和の時代から解き続けているんですが、理科も完全にマスターしておきたいということで、
          恐れ多くも解いてみることにした。

          制限時間は40分(本当は50分だけど、大人だから40分)

          1997年

          大問1 月の見え方 8/10

          ここら辺は、毎日犬の散歩をしているので楽勝。
          と思いきや、最後の満月の問題で間違える。

          うさぎさんの耳が下になってるってことは西の空

          やん。

          大問2 化学(乾留)8/8
          ここは余裕です。

          大問3 昆虫 20/24

          テントウムシとアリマキの関係…ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
          逆に書いてしまった。

          大問4 磁石 12/16

          3つ選びと書いているのに、2つしか選ばなかった。
          実験方法で一つミス。

          大問5 物理(圧力) 8/10

          記述でまさかの字数オーバーウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

          大問6 物理(運動) 8/12

          問題よく読まずケアレスミス
          A〜Eって書いてるのに、A〜Bをやってもうた。

          大問7 生物 16/20

          春夏秋冬の常識クイズ、ネコヤナギとヒヤシンスを間違える。
          でも、僕の中ではあってたんだけど、こればっかりはしゃーない。

          ということで、すべてにおいて満遍なく間違えました。

          でもまぁ80点とれたから良しとしよう。
          という感じで恐れ多くも解いた問題を紹介していきます。

          2016年灘中学2日目を解いてみた

          0

            灘の2日目解いたので所感だけ。

            解けそうで解けない。このイライラ棒みたいな感覚が灘っぽいです(僕だけの感覚かもしれません)

            大問1 整数論
            (1)赤面問題
            (2)ルールにしたがってとくと、残る数がみえてくる。
              4でわって2余る数→8でわって4余る数と考えれば実は(4)も解けてないけど正解の可能性大
            (3)2016はいつとりますか。とれるということは奇数番目に並ぶ必要があるのでそれまで作業を進めていけばいいんですね。
            (4)奇数番目の逆転が起こるんです。
            (5)作業を進めていくだけです。

            初めの3つをきちんととって(4)の理解につながれば全部いけてるかもしれません。
            でも、時間もあるから無理しなくてとりあえずとっとけるところだけ取っといてもいいかも。

            大問2 水量とグラフ
            この問題は絶対に落とせない問題です。
            それほど難しくありません。
            さくっと解きたいですね。

            大問3 影
            (1)は赤面
            (2)は作図ができれば大丈夫。
            (3)は一見、難しいですが、形をきちんとわければ、分数にもならずハッピーな解答です。

            僕は、四角錐、台柱×2のセットで求めました。

            大問4 整数論2
            (1)場合の数の基本、下3桁が000になればいいので、上6桁から2つとるだけ。
            (2)37の倍数って!!!思ったけど、もともと123456789が9の倍数ですから、37×3=111の倍数だったらいいわけです。
             ひいた数は、9→198→2997→39998→499994っていう決まりがだから、2997と5999994が割れるので、それを数えるだけです。
            ちなみに今調べたら37の倍数判定法というのもあるらしい。
            (3)9の倍数ですから、(1)で求めた36×2=72個は確定。あとは、(2)で求めたものがまだ3で割れるので、たしていってゴリゴリで答えだしました。いい解き方ないか。後日検討。

            大問5 立体図形

            この問題も例が丁寧だから比較的解きやすいんじゃないかな?と思う。体積の求め方もそんなに難しくないのでここは最後頑張っておきたいところ。

            ということで、

            大問1(1)(2)(3)
            大問2全部
            大問3(1)(2)
            大問4(1)
            大問5(1)
            までとれていれば最低限オッケーかな。
            12+20+12+6+6=56点
            ここからあと1問とれれば合格平均点。

            まぁその1問が近いようで遠いんだけども。



            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            マスラボ

            ふるやまんのリアル算数塾
            ふるやまんの講座を受けたい方はこちらのページをご覧ください。

            科学の芽

            ふるやまんの科学ラボ
            科学系の記事を不定期ですが更新しています。

            My Symbol Art

            My Symbol Art
            ふるやまんが個人的に応援しているアーティストの杉岡さんのホームページです。シンボルアーティストとして活躍されています。世界にただ一つのあなただけのロゴが手に入ります。一つ一つ物語をつくるようにロゴを作成していただけます。無料体験もありますので、一度ぜひ訪問してください。

            パパしゅく

            ふるやまんの算数塾では、パパしゅくとコラボして、家で保護者の方と一緒に学べるような教材を作成しています。私が映像授業、パパしゅくがプリント教材です。全て無料で使えます。
            パパしゅく(小学生向け手作り問題集)

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 算数オリンピック 過去問紹介 手を動かして考える
              Bing
            • 算数オリンピック 過去問紹介 手を動かして考える
              ふるやまん
            • 算数オリンピック 過去問紹介 手を動かして考える
              Bing
            • やり直しってなんだ!
              ふるやまん
            • やり直しってなんだ!
              shochan shochan
            • 絵師のマユピさんより 似顔絵名刺頂きました
              ふるやまん
            • 絵師のマユピさんより 似顔絵名刺頂きました
              マユピ

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM