大阪星光学院 理科2001 平成13年 攻略法伝授します。

0


    朝の勉強シリーズです。
    実は前からやっていたのですが、こちらのブログの更新が滞っておりました。
    マスラボの授業日誌は毎日更新しています。

    塾長ブログは、塾長のふるやまんの日々の努力(といっても先生が努力をするのは当たり前です。)を
    皆様と共有し、少しでも受験生の皆さんのお役に立てればと思います。

    本日は平成13年の星光。2001年です。

    大問1 化学分野
    問1 実験器具の作図です。よくでてくる問題なのですが、「体積をはかるために」を読み落として失点しました。
     体積をはかるためにはメスシリンダーがひつようですよね。(・_・)普通に水上置換法を書いてしまったのです。はい。
    問2 正しくないもの→このへんは得点必須です。
    問3 水素の発生。アルミニウム+水ナト水などもはや鉄板。
    問4 グラフの作図。毎回だされますのでもはや常識。
    問5 表の読み取り。
    問6 選択肢がないときついけど、今回は選択肢があるので、それを吟味していくだけです。

    いつも思うのですが、星光の理科は基礎基本をきちんとみにつけておれば、それほど大崩れしません。
    教科書レベルで大丈夫です。しかし、それをポロポロと抜けがあるので、ボディーブローのように点数が減っていくのです。
    間違えた問題はきっちりまとめノートをつくって何度も見直して覚えましょう。

    大問2 地学
    問1 
    (1)膨張率と水面上昇の計算 単位変換必要ですが、普通にかけ算してでてくる答えが204とかなので、どう考えても20cmしかありません。こういうときに選択肢の問題ってラッキーなんですよね。細かいこと気にしなくていいんで。
    (2)こういう問題が星光っぽいです。きちんと現象を暗記ではなく、なぜそうなるのか?を普段から意識できているかどうか。また逆に、普段から意識できている生徒にとってはあまり難しく感じないのも特徴です。

    問2
    海風、陸風の説明。
    どうしてできるのかということを考えていますか?
    なぜ空気が上昇するのか?どうして、吹き込むのか?

    問3 
    バイメタルの実験です。

    大問3 生物
    問1、問2 ネズミがかわいそうです。でも仕方ありません。
    問3 光合成の基本
    問4 光合成できないってことは・・・という論理性
    問5 でんぷんの実験です アルコールに入れる理由とか、お湯につける理由とかそういうことをきちんと理解しておく。
       実験にはそれをする理由があります。

    大問4 物理
    この分野できちんと得点できるかがどのテストでも大事なんですよ。
    物理は算数と同様に、0点があり得る分野です。
    だから、きちんと勉強しておかないと、やっちゃいます。
    苦手だからではなく、ここが合格の肝なんですよね。
    苦手な人は1日1問でもいいので毎日といておくことが大切です。

    こちらからは以上です。

    大阪星光学院 2015年 算数 入試問題解答速報(全問動画解説)

    0
      大阪星光は大阪でも有数の男子進学校。人気も高いので、解答解説つくってみました。
      こういう動画がすぐできるって本当に便利な世の中です。

      解答だけだと、どうやって解くのか分からないから、簡単に動画で解いてみました。
      今年も星光らしくいい問題が揃っていると思いますが、やはり(1)で落とすともう20点落とすことになるというのは、
      恐怖です。しっかりとバランス良く勉強してきた生徒が合格していくのではないでしょうか。



      1月18日現在
      動画数 826本
      再生回数 72010回
      YouTube ふるやまんのチャンネル

      https://www.youtube.com/channel/UCOMxK0EEfzZndajNUzcpN1w
      ふるやまんがリアルで教えるマスラボ(新規入塾生募集中)
      http://furuyaman.com/
      Facebookファンページ
      https://www.facebook.com/mathlab2015

      大阪星光の大問5の別の解き方見つけた

      0
        今日走りながら、入試の振り返りをしていたら、
        別の解き方を見つけたので紹介。

        不良品を1つ見つけたらすぐにそれを良品に入れ替えるのに5分
        不良品を1つ見つけるのにかかる時間は不良品の個数に反比例する。

        という条件だったから、
        以前解いたのは、
        7つの不良品がある状態でかかる時間を1として解いていたんだけど、
        逆に、7個目の不良品を探し始めてから見つけるまでにかかった時間を1として
        解いてみると題意にあるのではないかと思って解いて見る。

        (解法)
        箱の中に1個しか不良品がなくそれを見つけるのにかかる時間を1とする。

        7個不良品がある状態で見つける時間は1/7
        6個不良品がある状態で見つける時間は1/6
        5個不良品がある状態で見つける時間は1/5

        ということで1/7+1/6+1/5=107/210

        これに対する時間は52分48秒ではなく2個良品と取り替える時間があったので、
        実際は、52分48秒ー10分=42分48秒=42.8分(428がうまいこと107の倍数!)
        よって、42.8×210/107=84分

        この(1)が解ければ(2)(3)は楽勝問題だから、
        20点か0点かの問題だということですね。


        もっと簡単に考えると
        ちなみに、分数が苦手な子は、
        1〜7の最小公倍数である840を
        不良品が1個しかなくそれをにかかる時間と考えると、

        不良品の数 見つけるのにかかる時間
        7     120
        6     140
        5     168
        4     210
        3     280
        2     420 
        1     840

        となる。したがって、
        3個目の不良品を見つける時間は、428となる、これって42.8分の10倍じゃん!
        よって最後の不良品を見つけるのは840÷10=84分(1)
        (2)は12分
        (3)は全部の和は2178⇒217.8分入れ替えにかかる時間は35分
        217.8+35=252.8=4時間12分48秒となります。
        これがいい解き方かなぁ。

        でもまぁこうやっていい解き方を研究するのって本当に面白い。
        でも本気の入試は泥臭く解くことも必要なんだけどね。


        以前の解き方はこちら


        大阪星光学院算数の所感(平成24年度)

        0
          解答速報のために解いていたものをそのままブログにアップしたので、
          もしかしたらもっといい解き方があるかもしれない。

          特に大問5は根性解きをしているのでいい方法があれば教えてください。

          一枚目は確実にとれる問題。
          図形の問題は移動を使って面積を求めることができるかどうかがポイントだった。

          むりやり図形をつくるのではなく、
          僕たちの求めることのできる面積は、
          三角形と扇形しかないのだ。

          その基本に立ち返ってできるかがポイント。
          大問3は(1)は絶対にとれる問題。
          (2)も辺の比と面積比を利用する問題。確実にとりたい。

          大問4(1)(2)が合否の分かれ目か。
          きちんとリード文を読んで確実に解くことができるかがポイント。
          星光の算数は難しくはないが、きちんと読むことが大切。
          もちろん、多くの受験生がそんなこと分かっているんだけれど、
          きっちりと本番でもできるかどうかが一番大事ですよね。

          普段からそういう練習をしておかないといけない。
          ミスをあぁぼくってバカだなと思うか、
          入試問題ってこういうミスが合否を分けるんだな。
          だから新たな気持ちで向かっていかないといけないなと思えるかどうか。

          大問4も(1)(2)は確実にとれる問題。
          (3)は追っかけていかないといけないからしんどかったかも。

          大問5は、反比例の言葉の意味が大切です。
          ある量が二倍になるともう片方が2分の1になる関係ですが、
          ようは、積が一定ということです。

          でもなんかひっかかる。もっとこうスマートな解き方はないのかなぁと。

          この2枚目の得点率が合否を分けたなぁ。

          子ども達の悔し涙を忘れてはいけません。
          先生は泣いている場合ではありません。







          999の倍数は、(1000ー1)で考える?

          0
             6桁の整数2□6□1□は、27と37の公倍数です。このとき、万の位の数字は□、百の位の数字は□、一の位の数字は、□です。(大阪星光 平成17年度入試問題)


            続きを読む >>


            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>

            マスラボ

            ふるやまんのリアル算数塾
            ふるやまんの講座を受けたい方はこちらのページをご覧ください。

            科学の芽

            ふるやまんの科学ラボ
            科学系の記事を不定期ですが更新しています。

            My Symbol Art

            My Symbol Art
            ふるやまんが個人的に応援しているアーティストの杉岡さんのホームページです。シンボルアーティストとして活躍されています。世界にただ一つのあなただけのロゴが手に入ります。一つ一つ物語をつくるようにロゴを作成していただけます。無料体験もありますので、一度ぜひ訪問してください。

            パパしゅく

            ふるやまんの算数塾では、パパしゅくとコラボして、家で保護者の方と一緒に学べるような教材を作成しています。私が映像授業、パパしゅくがプリント教材です。全て無料で使えます。
            パパしゅく(小学生向け手作り問題集)

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 算数オリンピック 過去問紹介 手を動かして考える
              Bing
            • 算数オリンピック 過去問紹介 手を動かして考える
              ふるやまん
            • 算数オリンピック 過去問紹介 手を動かして考える
              Bing
            • やり直しってなんだ!
              ふるやまん
            • やり直しってなんだ!
              shochan shochan
            • 絵師のマユピさんより 似顔絵名刺頂きました
              ふるやまん
            • 絵師のマユピさんより 似顔絵名刺頂きました
              マユピ

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM