恐れ多くも解いてみる 1997年 灘中理科

0
    灘中の理科を解いていくことにした。
    算数はそれこそ昭和の時代から解き続けているんですが、理科も完全にマスターしておきたいということで、
    恐れ多くも解いてみることにした。

    制限時間は40分(本当は50分だけど、大人だから40分)

    1997年

    大問1 月の見え方 8/10

    ここら辺は、毎日犬の散歩をしているので楽勝。
    と思いきや、最後の満月の問題で間違える。

    うさぎさんの耳が下になってるってことは西の空

    やん。

    大問2 化学(乾留)8/8
    ここは余裕です。

    大問3 昆虫 20/24

    テントウムシとアリマキの関係…ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
    逆に書いてしまった。

    大問4 磁石 12/16

    3つ選びと書いているのに、2つしか選ばなかった。
    実験方法で一つミス。

    大問5 物理(圧力) 8/10

    記述でまさかの字数オーバーウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

    大問6 物理(運動) 8/12

    問題よく読まずケアレスミス
    A〜Eって書いてるのに、A〜Bをやってもうた。

    大問7 生物 16/20

    春夏秋冬の常識クイズ、ネコヤナギとヒヤシンスを間違える。
    でも、僕の中ではあってたんだけど、こればっかりはしゃーない。

    ということで、すべてにおいて満遍なく間違えました。

    でもまぁ80点とれたから良しとしよう。
    という感じで恐れ多くも解いた問題を紹介していきます。

    2016年灘中学2日目を解いてみた

    0

      灘の2日目解いたので所感だけ。

      解けそうで解けない。このイライラ棒みたいな感覚が灘っぽいです(僕だけの感覚かもしれません)

      大問1 整数論
      (1)赤面問題
      (2)ルールにしたがってとくと、残る数がみえてくる。
        4でわって2余る数→8でわって4余る数と考えれば実は(4)も解けてないけど正解の可能性大
      (3)2016はいつとりますか。とれるということは奇数番目に並ぶ必要があるのでそれまで作業を進めていけばいいんですね。
      (4)奇数番目の逆転が起こるんです。
      (5)作業を進めていくだけです。

      初めの3つをきちんととって(4)の理解につながれば全部いけてるかもしれません。
      でも、時間もあるから無理しなくてとりあえずとっとけるところだけ取っといてもいいかも。

      大問2 水量とグラフ
      この問題は絶対に落とせない問題です。
      それほど難しくありません。
      さくっと解きたいですね。

      大問3 影
      (1)は赤面
      (2)は作図ができれば大丈夫。
      (3)は一見、難しいですが、形をきちんとわければ、分数にもならずハッピーな解答です。

      僕は、四角錐、台柱×2のセットで求めました。

      大問4 整数論2
      (1)場合の数の基本、下3桁が000になればいいので、上6桁から2つとるだけ。
      (2)37の倍数って!!!思ったけど、もともと123456789が9の倍数ですから、37×3=111の倍数だったらいいわけです。
       ひいた数は、9→198→2997→39998→499994っていう決まりがだから、2997と5999994が割れるので、それを数えるだけです。
      ちなみに今調べたら37の倍数判定法というのもあるらしい。
      (3)9の倍数ですから、(1)で求めた36×2=72個は確定。あとは、(2)で求めたものがまだ3で割れるので、たしていってゴリゴリで答えだしました。いい解き方ないか。後日検討。

      大問5 立体図形

      この問題も例が丁寧だから比較的解きやすいんじゃないかな?と思う。体積の求め方もそんなに難しくないのでここは最後頑張っておきたいところ。

      ということで、

      大問1(1)(2)(3)
      大問2全部
      大問3(1)(2)
      大問4(1)
      大問5(1)
      までとれていれば最低限オッケーかな。
      12+20+12+6+6=56点
      ここからあと1問とれれば合格平均点。

      まぁその1問が近いようで遠いんだけども。


      2016年灘中学1日目を解いてみた

      0
        また解説動画は後日アップします。
        解いてみた所感を忘れないうちに。
         

        《灘1日目》

        問題1 計算 2分

        2016=2^5×7×9をしらない受験生はいないので、まぁさっさと解いて次に行きたいです。

        問題2 水量の問題 2分
        ぼくは完全に数学的に解きました。これもさっさと終わらせる。

        問題3 やりとり
        ただ、書き出して調べるだけ。これは簡単。


        このあたりでちょっと余裕かましました。時間も十分余裕でした。

        問題4 速さ

        最近のこういう問題は、文章をいかに読み取れるかということに重点が置かれているような気がします。

        Aくんが6周、Bくんが4周ということは、2回追い抜く必要があるということ。その2回はいつなのかということです。でも、経験値がないと難しいかもしれません。
         

        問題5 整数論
        (1)はよくある問題だから落とせない。
        (2)は面倒くさい&ひっかかりやすい問題。ふるやまんも。。。くっ!
        書き出すしかないのかなぁ。せっせと書き出しました。


        問題6 計算
        7777777777×7777777777の計算して、上10桁と下10桁をたすというもの。

        1×1=1
        11×11=121だから

        1111111111×1111111111は、
        1234567900987654321
        だから
        上10桁は123456790×49
        下10桁は987654321×49

        1111111111×49=54444444449

        だけど実際は、一番大きいくらいの4は、一番下の位にいくので、
        14444444443ってなると思うんだけど、もっといい解き方はないのか考え中。ちなみにもちろん初見は手作業。
        泥臭くても解ければ( `д´)b オッケー!。


        問題7 反射
        反射=線対称。範囲を求めないといけないので、難しいのかも。
        線対称な図形を重ねて書いていくっていうことをしっていれば、解く道が見つかるかもしれませんね。


        問題8 平面図形
        正六角形の問題は洛南のお気に入りなのに、灘でもでますね。
        同じように大きな正三角形の考えて解きました。


        問題9 回転図形
        作図して、三角形の面積はどうせでないのだから、どこかで相殺ということを考える。あとは、ABの動くときにできる作図次第。


        問題10 平面図形
        明らかにAB:CFっていう辺の比がおかしいので、補助線ひいて、相似を考えていくべき問題。まぁ気づけばそれほど。


        問題11 立体図形
        いい問題だと思います。きちんと理解できていると両方正解できるでしょう。少なくとも1番はとっておきたいですね。


        問題数も多くないので、しっかりと時間をかけるべきところにはかけて、
        間違えないようにきちんと点数をとっていければ大丈夫だったのではないでしょうか。

        さぁ明日は二日目。楽しみですね。

        灘中 恐れることなかれ 敵は自分自身にあり

        0

          底辺の長さが 8cm の平行四辺形を図のように三角形,平行四辺形,台形の3つの図形に分けたとき,面積は図のようになった。このとき,右端の台形の上底と下底の長さの差は何cmですか。 



          久しぶりの投稿です。夏風邪?熱中症?で苦しんでおりました。
          今日からまた再開します。よろしくお願いします


          今日の問題は、とても簡単です。面積を習った子であればすぐにできると思います。
          底辺が8m、平行四辺形ときたら、あぁとりあえず高さだなと思うようにはなって欲しいです。
          論理的な思考力もさほど高くなく、灘らしくないといえばそうですが、
          中にはこういう問題も必ずあるということを知っておいて欲しいと思います。

          試験が始まって難しい問題でつまづいてもこういう問題をきちんとおとさずに取る事が大切です。
          基礎基本。これが受験の王道です。

          では、解説動画はこちらからどうぞ。


          灘中学入試問題 ダイヤグラム

          0

            ダイヤグラムの問題は、難問が多いです。
            一つは経験値の少なさ。そして、きちんと理解せずに使っている場合があります。
            これができるようにできれば、最難関への合格の道は近づくでしょう。

            問題
             2
            地点 A,B 間の距離は 52km である。はじめ 4 人はタクシーで,4 人は徒歩で,同 時に地点 A を出発し,地点 B に向かう。タクシーの 4 人は途中の地点 C で車をおり て徒歩で地点 B に向かう。タクシーは地点 C から,来た道をひきかえして徒歩の 4 人をむかえに行き,出会った地点でタクシーに乗せてふたたび地点 B に向かい,8 人 同時に地点 B に到着した。徒歩は毎時 4km,タクシーは毎時 40km の速さとすると,地点 A を出発し,地点 B に到着するまでの所要時間は何時間何分ですか。 




            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << November 2017 >>

            マスラボ

            ふるやまんのリアル算数塾
            ふるやまんの講座を受けたい方はこちらのページをご覧ください。

            科学の芽

            ふるやまんの科学ラボ
            科学系の記事を不定期ですが更新しています。

            My Symbol Art

            My Symbol Art
            ふるやまんが個人的に応援しているアーティストの杉岡さんのホームページです。シンボルアーティストとして活躍されています。世界にただ一つのあなただけのロゴが手に入ります。一つ一つ物語をつくるようにロゴを作成していただけます。無料体験もありますので、一度ぜひ訪問してください。

            パパしゅく

            ふるやまんの算数塾では、パパしゅくとコラボして、家で保護者の方と一緒に学べるような教材を作成しています。私が映像授業、パパしゅくがプリント教材です。全て無料で使えます。
            パパしゅく(小学生向け手作り問題集)

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 算数オリンピック 過去問紹介 手を動かして考える
              Bing
            • 算数オリンピック 過去問紹介 手を動かして考える
              ふるやまん
            • 算数オリンピック 過去問紹介 手を動かして考える
              Bing
            • やり直しってなんだ!
              ふるやまん
            • やり直しってなんだ!
              shochan shochan
            • 絵師のマユピさんより 似顔絵名刺頂きました
              ふるやまん
            • 絵師のマユピさんより 似顔絵名刺頂きました
              マユピ

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM