高校数学ができるようになるには?

0
    今日は生徒からの質問があったので、因数分解と立体図形解説しました。
    なかなか骨が折れる問題でしたが、
    大事なことは一度解説をきいて、何がポイントだったのかをきちんと思い出せること。

    説明をきいて理解することはできても
    自分で解くのはできないっていう人が高校に入るとたくさんいます。

    それは、理解力はあるんだけど、手が動かないのです。
    そういうときは、

    こういう問題にはどういう風に考えていくのがいいのかをまず考えることです。

    「考え方」を考えるのです。

    間違えたのは、計算ミスや理解力不足ではなく、僕はやはりこの考え方(問題へのアプローチの仕方)だと思います。
    自分自身が指導するときも、それがすっと出てくるような指導をしたいですね(自戒)

    そして、必ず手を動かしてもう一度といてみてください。









     

    中点連結定理を証明しよう

    0
      中点連結定理の証明ってどうするんですか?という問い合わせを頂いたので、解説しました。
      中点連結定理を使った証明問題って多いんだけど、意外とその定理の証明っていうのはないんだよね。
      ということで挑戦しましたので、ぜひご覧ください。


      数学研究会 ユークリッド互除法からの不定方程式

      0
        今日の数学研究会は、ユークリッド互除法を学んだよ。

        この数学を学んでいて思ったことは、めっちゃ難しいと思えることも、
        簡単な日本語で伝えるときちんとできるようになるということだ。

        やっているうちにできるということもあるから、
        まずはやってみるということ。
        その中で自分なりに仕組みをしって、勉強できるようになっていくんだろうな。

        数学研究会はいつも新しい学びを提供してくれる。楽しかった。
        来週も頑張って数学しよう。頑張ります。

        互除法はないんだけど
        この問題を思い出した。
        http://furuyaman.jugem.jp/?eid=1595
         
        平成元年(昭和64年)は西暦1989年である。
        昭和の時代には、西暦の年数が昭和の年数で割り切れる年は全部で何回あるか?

        高校数学講座 場合の数

        0
          今日からまた高校数学講座スタート。
          明日から勉強合宿もスタートするので、また賑やかになりそうですね。

          今日は場合の数。
          重複のあるパターン。きちんと図を書いて考える。


          区別するとき、しないときの場合の数


          場合の数は国語の問題が多いです。



          実は、場合の数と論理と集合はかなり密接な関係になります。


          倍数判定法。
          2、3、4、5、6、8、9、11を押さえました。


          ちょっとずつ良くなってきました。

          大学への数学 漸化式に魅せられて

          0
            ブログでは数学や算数の動画もですが、
            何かと役に立つのが、その当時に何を勉強していたかということ。
            先日本屋で購入した大学への数学で数学学び直しをしています。

            数学検定1級に惨敗し、もう一度高校数学を学び直しをして、
            11月の試験に向けて頑張ろうということになっております。

            今日は、漸化式を中心に3題。

            名城大の問題。
            問題文通りとりくめば難しいことはないっす。
            漸化式の式変形で解いて行く問題は、受験には良く出てきます。
            この手の問題は、こういう解き方しかないので、まぁやったもん勝ちです。


            福岡大学の問題。
            中学受験の考え方で(1)は突破したんですが、
            さすがに(2)は高校数学の考え方ですね。
            3項間の漸化式の求め方(すっかり忘れていた)。
            復習するにはとてもいい問題でした。


            信州大学
            数学的帰納法を使った数列の証明問題。
            15分くらいで解答できるといいですね。
            (1)は計算力
            (2)はそこから類推して証明
            とまぁよくできた問題です。これも力つきます。


            ということで基本編は終了。
            明日から、スタンダード編(入試でいう合否分岐)です。

             


            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << November 2017 >>

            マスラボ

            ふるやまんのリアル算数塾
            ふるやまんの講座を受けたい方はこちらのページをご覧ください。

            科学の芽

            ふるやまんの科学ラボ
            科学系の記事を不定期ですが更新しています。

            My Symbol Art

            My Symbol Art
            ふるやまんが個人的に応援しているアーティストの杉岡さんのホームページです。シンボルアーティストとして活躍されています。世界にただ一つのあなただけのロゴが手に入ります。一つ一つ物語をつくるようにロゴを作成していただけます。無料体験もありますので、一度ぜひ訪問してください。

            パパしゅく

            ふるやまんの算数塾では、パパしゅくとコラボして、家で保護者の方と一緒に学べるような教材を作成しています。私が映像授業、パパしゅくがプリント教材です。全て無料で使えます。
            パパしゅく(小学生向け手作り問題集)

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 算数オリンピック 過去問紹介 手を動かして考える
              Bing
            • 算数オリンピック 過去問紹介 手を動かして考える
              ふるやまん
            • 算数オリンピック 過去問紹介 手を動かして考える
              Bing
            • やり直しってなんだ!
              ふるやまん
            • やり直しってなんだ!
              shochan shochan
            • 絵師のマユピさんより 似顔絵名刺頂きました
              ふるやまん
            • 絵師のマユピさんより 似顔絵名刺頂きました
              マユピ

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM